2015.7.2★アーユルヴェーダ的夏の過ごし方

【アーユルヴェーダ的夏の過ごし方】

麻美カフェ・岩田麻衣子はインドの伝統的生命科学である

アーユルヴェーダを勉強中です。

日々の生活に簡単に取り入れていただけるアーユルヴェーダのミニ知識を中心に

ご紹介していきたいと思います。

アーユルヴェーダでは世界を5つの元素の性質に例えて理解しようとします。
空(くう=空間)、風、火、水、土(大地=地球)です。

暑い夏は、私たちの身体に熱がこもってしまいます。熱中症に注意です☆
そこでアーユルヴェーダ的知恵を使って身体を上手に冷やしましょう~。

アーユルヴェーダでは氷水など冷たいもので体を冷やすことをおススメしません。
それらは一瞬の快感はあっても内臓を冷やすだけだからなのです。

食べ物の質を使って上手に「静熱(せいねつ)」しましょう♪

水と土の性質をカッパといいます。二つを練り合わせた粘土を想像してみてください…
カッパは重く、冷たい、湿った、油性の粘りの質です。

甘味はカッパです。夏の暑さには甘味を摂って身体をゆっくり冷やしましょう。

中東や東南アジアなどの地域でコーヒーに砂糖や練乳をたっぷり入れて甘くして飲むのは、
暑い地域だからならではの知恵だったのですね♪

マクロビオティックの陰陽の考えでもコーヒー、砂糖、ともに身体を冷やす(緩める)ものですね♪

みなさん、工夫して、この湿った暑い季節を元気に乗り切ってくださいね。

※砂糖の摂り過ぎはカッパの重さ、粘性を高めだるさを招きますのでご注意くださいね♪


★そして体力アップにはやっぱり「麻の実」♪
生きたエネルギーたっぷりの有機麻の実ナッツ(非加熱)がおススメです◎
http://shop.hemp-de-kirei.com/item/hmpktchn-raw-hmpsd/

 

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.